スープのこだわり
創業当時からの伝統を受け継ぐスープ。500日以上かけて育てた親鶏を、身が付いたまま長時間じっくり焚き出すことで、すっきりとした旨味と深いコクを実現。昔なつかしい風味で「飽きのこない一杯」と、お客様に大評判の正統派スープです。
麺のこだわり
スープに丁度よくからむように、特別に注文した上質の粉を自社の製麺所で十分に練り上げ、熟成させ、打ち込みました。歯ごたえはしっかりとして豊かな小麦の風味と強いコシが特徴です。
焼豚のこだわり
上質な豚肉を、「フジトラ醤油」でじっくり煮込んだ逸品。新鮮な肉だけを使うことで、雑味がなく肉汁もしっとり保たれた、肉本来の旨さが味わえる焼豚です。
メンマのこだわり
メンマの名産地である中国広西省の高地で採れる筍から、根と先の部分を取り除いた中ごろだけを使用。24時間かけて炊き上げ焼豚の煮汁で味付けをした、歯ごたえの良いメンマです。
醤油タレのこだわり
創業文化元年(1804年)の千葉の老舗、大高醤油の本醸造「フジトラ醤油」をじっくり寝かせてつくる“旨味の素”。すっきりと深みのある味わいの醤油タレです。